〔Alexandros〕が語るイエロー・モンキー

LINEで送る

%e3%80%94alexandros%e3%80%95_myiemon_%e3%82%a4%e3%82%a8%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%a2%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%bc

ミュージックフェア(2016年/フジテレビ)で放送された〔Alexandros〕のコメントをご紹介します(以下に抜粋)。フェスなどでロビンとは交流があったとのことですが、イエロー・モンキーとはこのミュージックフェアで初共演となった〔Alexandros〕。再集結後に放送されたMTVの特番で、ベースの磯部寛之さんが「SO YOUNG」についてコメントを寄せられていましたが、ミュージックフェアではメンバー全員、それぞれが思い入れのあるイエロー・モンキー楽曲について語っていらっしゃいます。また、両バンドには血液型で共通点があるなど、楽曲以外の話でも盛り上がっていました。

 

「(『JAM』は)『ベースって、こんなに歌っていいんだな』って、『メロディ弾いていいんだな』って、感動した曲だったりしますね」

仲間由紀恵:まずは、ザ・イエロー・モンキーのヒット曲、「楽園」と「LOVE LOVE SHOW」を共演していただきましたが、吉井さん、いかがでしたか?共演されて。

ロビン:面識は前からありまして、フェスとかで。すごく可愛がっていただいてるんで…

〔Alexandros〕全員:(笑)

仲間:可愛がっていただいている?(笑)

ロビン:とても、打ち解けて、やらせていただきました(笑)

仲間:そうですか(笑)川上さん、可愛がっていただいているとおっしゃっていますが…

川上洋平:いやぁ、もう(笑)ほんっとうに、大好きな、先輩方…

軽部真一アナウンサー:このセッションは、最高でしたね!

ロビン:ちょっと、そうですよね。テレビの企画を越えたものがありましたね。確かに。

軽部:ですから、アナウンサーはこういう言葉を使っちゃいけないんですけど、「ヤバい!」と!

ロビン:ヤバい!

軽部:ヤバいですよね!今日はこの8名の皆さんに色んなトークをお伺いしていくわけなんですが、まずはイエロー・モンキー、イエモンの皆さん!愛称で呼ばせていただいてもよろしいですか?

全員:はい。

ヒーセ:いやもう、全然!

軽部:ちょっとね、〔Alexandros〕の皆さんにも確認したいんですが、「アレキ」ですか?「ドロス」ですか?

〔Alexandros〕全員:あぁ~!

川上:我々も、あんまり分かってないんですけど、どうやら、東では「アレキ」…

エマ:ほんとに?(笑)

川上:(エマに頷いて)西では「ドロス」!

ロビン:ドーナツ屋さんみたいだね。

ヒーセ:あ、なるほど、ハンバーガーチェーンとかね。

川上:(ヒーセに)そうなんです。東西で分かれています。

軽部:どっちがいいですか?

川上:まあ、「ドロス」で!

軽部:じゃあ、「ドロス」でいかせていただきます!

軽部:今日は、この二組のご出演ということで、共通点を捜してみたら、ありました!なんと、皆さんの血液型が、それぞれA型とO型の人しかおりません!

全員:おぉ~!

ヒーセ:ほんとぉ!わーお!

軽部:しかも、ボーカルのお二人は、ともにA型と…

川上:これ、僕因みに、だいぶ前から知ってました!アマチュア時代から知ってて…

ロビン:大変でしょー?

川上:それが嬉しいなって思ってて。

仲間:大変でしょ?(笑)覚えが…

エマ:(ロビンを指して)大変なんだよ(笑)

軽部:その辺の話、ちょっとお伺いしていこうかなって思うんですけど、それぞれのバンドの役割みたいなものが、性格的なものから決まっていることがあるのかどうか…ロビンさん、いかがでしょうか?

ロビン:僕がやっぱ、細かいことを気にするタイプなんで、このおおらかな3人に包まれていると、すごくラクですね。

アニー:逆に言うと、O型は優柔不断な部分があるから、A型が決めてくれたりもするんですよ。

エマ:(アニーに)ああ、それもあるね。

ロビン:確かに決まんないね。

仲間:え、決まんない…?(笑)

軽部:それこそ、4人で食事に行ったりとかする時に、「あ、さすがロビンさんA型だな」と…

エマ:モノ決めるの、早いですよ。

ヒーセ:(エマに)そうね!

エマ:メニュー決めるの、早い…

アニー:メニュー決めるの、早いですよ。

ヒーセ:楽曲のセットリストとかも、やっぱり、率先して…

エマ:あ、そうそう、そうねぇ。

アニー:悩むんですよ、こっち(アニー・エマ・ヒーセ)の3人は…「どうしようか、どうしようか」って。「じゃあ、こうしよう、こうしよう」ってロビンが決めてくれて…

軽部:例えば、鍋を囲むとか、そういう時はどうですか?

アニー:鍋(笑)。(ロビンを指して)鍋奉行!(笑)

ロビン:あの、焼肉も焼きますしね、僕!

川上:同じです!俺も鍋奉行!焼肉、絶対!

ロビン:あの、(肉を)乗せたとたんにひっくり返すやつとか見たら、ピカーンっ!(怒)って。ダメーって。

川上:オレに任せてって感じで…

ロビン:血が出てからだよ…!

軽部:川上さんもそう!

川上:そうなんですよ!

磯部寛之:洋平と鍋やった時に、俺がちょっと手伝おうとするというか、具を勝手に入れようとすると、「何でお前が仕切ってんの?」的なオーラを…

ロビン:(爆笑)

仲間:オーラを出すんですね。

川上:早いんですよ!

磯部:こっちこそ「何でお前が仕切ってんだ」って言おうとするんですけど、それを許さないオーラが出ているんですよ。

ロビン:分かる(笑)

軽部:因みに、我々(ミュージックフェア司会者)も、仲間さんがA型で、私がO型なんで、今日このスタジオはAとOしかいないんですよ!

ロビン:平和ですね!オンエアー(OA)ですね。………すみません。

仲間:あっ……なるほど…!……ふふっ。

ロビン:(画面に向かって)すみません、小寒かった?(すみません、正確に聞き取れませんでした)です。

仲間:続いてアレキの皆さんにお伺いします。イエモンさんの曲の中で、一番この曲が好き!っていうのを、ぜひ教えていただきたいんですけども。

川上:ファンとして、ちょっと答えづらい部分もありますが、そうですね、「BURN」というか…

ロビン:ほお。

川上:一番最初に知った曲は「楽園」という曲で、今回やらせていただいた曲なんですけど、僕そん時、海外に住んでたんですよ。そん時にイエモンの存在を知って、で、日本に帰ってきて、中学校3年生だったんですけど、ま、イジメとかにあって、辛い時期、助けてもらった曲でもあるんですよ。

軽部:ちょうどこの曲(「BURN」)、シリアスな学園ドラマの主題歌でも…

川上:そうなんですよ!そうそう、それで同じ、境遇な感じの曲で…

ロビン:へぇ~!

川上:ずーっと、歌ってましたよ!

仲間:白井さんはいかがですか?

白井眞輝:僕はですね、「JAM」という曲なんですけど…

軽部:はい!

仲間:はい!

白井:軽音楽部だったんですね、高校の時。で、今ギターなんですけども、その時ベーシストで。で、軽音楽部に入って最初に弾いた曲なんですけども、ベースラインがほんとに、すごいカッコよくて…

ヒーセ:(お辞儀して)ありがとうございます。(下を出してアタマを掻いて照れる仕草)

ロビン:(ヒーセに)「てへ」やるな!

白井:スローバラードなんですけど、すごいベースが歌ってて、「ベースって、こんなに歌っていいんだな」って、「メロディ弾いていいんだな」って、感動した曲だったりしますね。

ヒーセ:ありがとうございます。

ロビン:泣きそうになってるやん!(笑)

仲間:庄村さんはどうですか?

庄村聡泰:はい、「MY WINDING ROAD」。

イエロー・モンキー全員:おぉ~!

庄村:ミュージックビデオで、真っ赤なバックにビシッと決めた吉井さんが、演説台に立ってる…

ヒーセ:ああ~!はいはい!

庄村:そういうミュージックビデオだったんですけど、ちょお~カッコよくて…

ロビン:そこか!(笑)

庄村:すごい、衝撃的だったのを覚えてますね。

仲間:磯部さんはいかがですか?

磯部:はい、俺はもう、「SO YOUNG」です!洋平と若干、被るところがあるんですけど、僕、高校直前にアメリカから帰国して、ま、色々あるんですけど、馴染む…帰ってきてこう…とかっていう混沌とした状況の中で、「SO YOUNG」を聴いた時に、俺、今でも聴くと、そん時の匂いとかが蘇ってくるんですよ。そのぐらい、楽曲が、その時染みわたっていた感じがあって…

イエロー・モンキー全員:(話を聞きながら頷く)

磯部:これ以外は思いつかなかったです。「SO YOUNG」です、はい。

軽部:こうやって、皆さんが多感な時期に、イエモンの楽曲と共にあったんだと。

川上:そうですねぇ。

軽部:そして、今ミュージシャンとしてこうやって活躍してるっていうのは、いいお話ですよね!

ロビン:(「SO YOUNG」は)僕らは僕らなりに、すごく夢中で作ってた楽曲でしたし、僕らもちょうど1年で113本という過酷なツアーをやっている時の、終わるころのね。ニューヨークに行って、すごいその時の空気があるので、多分それが伝わったのかなあ、とか…音楽家同士の、感じるものがあったんじゃないかと、思いましたよね。

仲間:はい、それではここで、イエロー・モンキーの皆さんに歌っていただきます。どんな曲を歌ってくださいますか?

ロビン:はい、もうまさにその「SO YOUNG」を……何かちょっと恥ずかしいね(笑)

磯部:いやもう、(立ち上がって4人の方を向いてお辞儀しながら)本当にありがとうございます。

イエロー・モンキー全員:(お辞儀し返しながら)いえいえ。

ロビン:でもやっぱり、最後のサビで「SO YOUNG」って言うまでのあそこは、未だにこみ上げますね。何か知らないけど…

エマ:色々思い出すしね。

磯部:(頷く)

ミュージックフェア(2016年/フジテレビ)