磯部寛之さん(〔Alexandros〕)が語るイエロー・モンキー

LINEで送る

%e7%a3%af%e9%83%a8%e5%af%9b%e4%b9%8b%ef%bc%bftitle_%e2%80%97myiemon_%e3%82%a4%e3%82%a8%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%a2%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%bc

THE YELLOW MONKEY トップ25(2016年/MTV)で放送された、〔Alexandros〕・磯部寛之さんのコメントをご紹介します(以下)。この番組はイエロー・モンキーのミュージックビデオ全25本のランキングを発表する内容で、磯部さんは「SO YOUNG」をリコメンド。また〔Alexandros〕として、同年のミュージックフェア(フジテレビ)でイエローモンキーと共演、「楽園」「LOVE LOVESHOW」を演奏しました。

昔アメリカに住んでいまして、99年の1月に帰国してそのまますぐに日本の高校に入学したんですけど、日本のことが当時わからないまま帰ってきて、「SO YOUNG」を聴いた時に、すごくこの楽曲が持っている切ない感じだったりとか、メロディに引き込まれた思い出があるので、今でもほんとに大好きな曲なんですけども。

最後に「あの日僕らが信じたもの それは幻じゃない」という歌詞があるんですけど、大学入って、このバンドに入ってしばらくして、デビューできなくてサラリーマンとか送っている時は、何度もこの歌詞に励まされた思い出もあります。だからそういう、自分にとって人生の局面、いろんな局面において「SO YOUNG」には助けられています。ありがとうございます。

「THE YELLOW MONKEY トップ25(2016年/MTV)」より