有吉弘行さんとイエロー・モンキー

LINEで送る

有吉反省会(2015年/日本テレビ)で放送された、有吉弘行さんとのコミュニケーションをご紹介します(以下に抜粋)。ゲストが有吉さんの前で反省を行う番組にヒーセが出演。自身のSNSでも話題にしている“50歳を過ぎてギャル化”について反省し、ギャルポーズやハロウィンライブでの女装などについて有吉さんがツッコミする中で、イエロー・モンキーの名前も上がりました。余談ですが、記事内に登場するVTRのナレーションは、かつてヒーセが“憧れの人”として対談した、近藤サトアナウンサーです。

 

有吉弘行:最初に反省するのは、この方です!

ヒーセ:おっ!オレっすか?オレっすよね?(「反省」と書かれたカードを読み上げる)「私、元ザ・イエロー・モンキーのベーシストの廣瀬洋一は52歳の現役バリバリのロックンローラーであるにも関わらず、プライベートではギャルになってしまうことを反省しに参りました」。

(VTR)

ナレーション・近藤サト:52歳でギャル化。1992年、THE YELLOW MONKEYのベーシストとしてデビューし、一世を風靡した、廣瀬洋一様。現在も、ロックバンド「TYO」のメンバーとしてご活躍。御年52歳にして、現役バリバリのロックンローラーです。

そんな廣瀬様が…最近プライベートでギャル化してしまったというのです。

通常、ロックンローラーといえば、舌を出し狂気を感じさせるポーズや、客を挑発するポーズなど、いかついポーズをとるのが定番(KISSのジーン・シモンズさんなど、いかついロッカーの写真が出る)。

しかし、廣瀬様の場合は…ハートポーズで可愛らしさを強調。さらに、ギャルしかやらないでお馴染みの、ギャルピースを連発。ブログでは…(ヒーセのブログ画面が出て)「昨日の自撮り!相変わらずの盛り盛りのアゲアゲメイク」「最近のマイブーム。スマホのアプリでギャル並に画像加工!」いかに女子っぽく仕上げるかが、超楽しいのだ」。

さらに、髪型にもギャルっぽいこだわりが…

(髪型についてインタビューを受けている映像で)

ヒーセ:昔のグリングリンなパーマを最近かけない。イマドキ感をちゃんと出さなきゃなーと。

スタッフ:何て言う髪型?

ヒーセ:ユルふわ的な…愛されユルふわモテパーマ(笑)

(VTRに戻って)

近藤サト:ロッカーなのに「愛されユルふわモテパーマ」。そしてついに、女装に手を出してしまいました。衣装は、ギャルの聖地・渋谷109でご購入。ちなみに、男性マネージャーを強引に同行させ、2時間近く店内を彷徨っていたそうです。

(スタジオに戻って)

有吉:ある程度の年齢を超えたロックンローラーって、何でこうなっちゃう?みんな一癖も二癖もあって…廣瀬さん、オネエじゃない?

ヒーセ:まあまあ、限りなく近いですけど、一線は…似て非なるもの!

有吉:似て非なるものですよね!

ヒーセ:オヤジギャルっているじゃないですか。昔いたじゃないですか!アレの逆ですね。ギャルオヤジ。

バカリズム:なるほどね!そういうことだったんですね!(笑)

有吉:お客さんは、廣瀬さんがギャル化してることについては、何か言ってるんですかね?

ヒーセ:僕、調子に乗るじゃないですか。で類友で、お客さんも調子に乗るやつばっか集まってきて…

有吉:(爆笑)

ヒーセ:やれやれ!みたいな(笑)

有吉:貴水(博之)さん、こういうのお気持ち分かりますかね?

ヒーセ:分かりますよね?

貴水:(頬に手を当ててポーズをとり、キメ顔)

有吉:(爆笑)大丈夫ですよ、今日もカッコいいですよ!

貴水:お気持ちはすごくよく分かりますね。僕もだいたい1時間くらいはメイクに時間をかけるんで…

ヒーセ:やっぱり、ほら!(客席に向かって)ほらほらほら!

有吉:(貴水さんを)演歌歌手みたい!こっち(ヒーセ)はギャルだし!(笑)

ヒーセ:(カメラに向かってギャルピース)

有吉:52歳?!52歳には見えないですね!

ヒーセ:美魔王ですかね、美魔女じゃなくて!

有吉:美魔王ね!………それほど美しくはないです!

ヒーセ:ですね!(笑)

有吉:同窓会とか行ったら、全然、話合わないんじゃないですか?

ヒーセ:合わない合わない!

(同窓会の写真が出る)

有吉:(ヒーセの同級生の写真を見て)これ同級生ですか?!

会場:えー!

友近:最初の写真(ハロウィン時の女装写真)で、ちょっと格好までオネエっぽい…あれがちょっと気になる…

ヒーセ:あれは、ハロウィンの時に、ハロウィンで仮装しなければならない、普段こんななので、思い切って女装だと!

有吉:ハロウィンを言い訳にしてる!

友近:ねー!普段どうなんですか?ふだんはそっち(女装)の方に興味ないんですか?

ヒーセ:そっちの方には、あんまりいかないですね。

IVAN:いや、ありますあります!黙ってましたけど、ギャルの真似、ピースしたりとか、喋り方だったりとか、もういらっしゃい?って感じです。

有吉:時間の問題?

IVAN:時間の問題!あとは、このままKABA。ちゃんみたいにナチュラルメイクになっていくだけですよ!

有吉:お子さんいらっしゃる?

ヒーセ:そうね、結婚してて、はい。高校3年です。生意気に読者モデルとかやってる…なかなかのイケメンな感じで…

有吉:男の子ですか!息子さんは廣瀬さんのことをパパって呼ぶんですか?ママって呼ぶんですか?

ヒーセ:それ、番組違くない?(笑)いやいや、普通に「お父さん」って…

有吉:(爆笑しながら)「お父さん」って呼ばれてるんですか?!(笑)運動会とかも行くんですか?

ヒーセ:運動会はエラい目に遭いますね。そういうとこにあんまり行ってあげられないから、こっちも張り切るじゃないですか。

有吉;はい。

ヒーセ:校長先生が、気を利かせてくれたんだと思うんですけど、競技の時にかけるんですよ、(イエロー・モンキー楽曲の)BGMを!

有吉:イエモンの曲を!(笑)

ヒーセ:(イエロー・モンキー楽曲が)かかってるところで、俺が!障害物競走とか…そっちが障害物だって話ですよ(笑)

有吉:バンドマンの人はどうやってトークを勉強してるんですか?! みんな達者ですよ!

ヒーセ:そうですか?(笑)

有吉:廣瀬さんへの禊はこちら!この後の収録ずっと、おじさんの衣装で参加してください!(同級生の写真が出て)この感じで!(笑)歳相応!

有吉:廣瀬さんの禊が完了したようです。廣瀬おじさん!

(歳相応のおじさん姿のヒーセ登場)

※この記事の画像はこちら

有吉:(ヒーセを指して)(爆笑)(ビート)たけしさん!いいですね!!!

ヒーセ:(ビートたけしさんの真似をして)「ここがお前!」「ひし形でコノヤロー!」

有吉:すごい!おじさん!(笑)いかが?(笑)

ヒーセ:うちのオヤジにそっくりです。

有吉:今までの(番組の)変装シリーズで相当いい…

ヒーセ:マジっすか?!

有吉:番組の最後ですから、カメラに向かってギャルピースで締めていただいてよろしいでしょうか?せーの!

ヒーセ:(おじさんの格好でギャルピース)

有吉:(爆笑)

有吉反省会(2015年/日本テレビ)より