橘厚也さん(SPARKS GO GO)とイエロー・モンキー

LINEで送る

パチ・パチ・ロックンロール(1995年/ソニーマガジンズ)に掲載された、SPARKS GO GOのギタリスト・橘厚也さんとのコミュニケーションをご紹介します。兄弟でギターとドラムを担当していることで企画された、兄同士、弟同士の対談です。こちらは兄対談で、兄弟で同じバンドについて思うことや、それぞれの弟のことを語っています。ANNIEと橘哲也さんの弟対談はこちら

※氏名の表記は雑誌に記載のもの(当時のもの)を使用しています

―ふたりとも、兄弟で同じバンドに所属しているうえに、アニキがギタリストで弟がドラマーと、共通する部分があるけれど、なぜ兄弟でバンドをやることになったの?

厚也「北海道の倶知安っていう、小さな街で育ったんだけれど、いちばん近くにいてドラムを叩いているヤツが弟だったっていう。それだけなんだけどね(笑)。バンドを組むときにメンバーを探そうにも、やっているヤツの絶対数が少なかったから、必然的に弟とやることになったっていう」

EMMA「感覚的に似ている。中学生とか高校生のレベルで、ちゃんとドラムを叩けるヤツが身近にいなかった。いるにはいたんだけれど、バンドに合っていなかったりして。灯台下暗しじゃないけれど、自分の弟がいることに気がついたから」

―やっぱりアニキのほうが先にやっていて、弟がそれに影響されたの?

EMMA「オレが先に楽器始めて、3年くらいしてからアイツがドラムを始めて」

厚也「ウチの弟の場合は、すぐにドラムにいっちゃったから。小学校5~6年生のときには、部屋にドラム・セットがあって。買ったのか借りたのかは定かじゃないけれど、ある日家のなかにドラム・セットがあって、“アレッ?”って(笑)」

EMMA「小学生のとき?」

厚也「そう。オレも中学校1年のときにエレキ・ギターを弾いていたけれど、ギターを買ったのとほとんど同時に、ドラム・セットがあったんだ」

―兄弟で同じような音楽を聴いていた?

EMMA「最初のうちはそうだったけれど、途中からアイツはニューウェイヴ・オブ・ブリティッシュ・へヴィ・メタルの流れを中心に聴くようになって。オレはエアロスミスとかクイーンをずっと聴いていたから、そのへんはちょっと違っていた。でも、マイケル・シェンカーあたりは一緒だったから、重なるところもあるんだけどね」

厚也「オレたちの場合は、音楽は一緒だった。たとえば、オレがレコードを買っても、同じ家にいるわけだから、かけていれば弟にも聞こえるし。弟がかけている音楽も聞こえてくるから、ずっと同じものを一緒に聴いていたんだ。楽器を手に入れようと思った頃に聴いていたのは、キッスだったかな。あと、チープ・トリックにエアロスミス。あのあたりのロック・バンドだった」

EMMA「キッスとチープ・トリックとかって、オレなんかも一緒。“ミュージック・ライフ”を読んでいた世代だからね」

―じゃあ、初めて弟と一緒に音を出したのは、その頃聴いていたそういう音楽?

厚也「初めて一緒にやった曲は、ダウン・タウン・ブギウギ・バンドの「スモーキン・ブギ」とか、キャロルの「ルイジアンナ」だった。キッスとかレッド・ツェッペリンとか大好きだったけれど、弾けないし叩けなかったから。それで、なんとかできたのがそういう曲だったんだ。べつに、ベースやボーカルがいるわけじゃなくて、リズムを刻んでリフを弾くっていう形で」

EMMA「弟と初めて一緒にやったのは、マイケル・シェンカー・グループの「イントゥ・ジ・アリーナ」。おたがい、一緒にバンドをやっていなかったから、ある程度のテクニックを身につけてから合わせたんだ。家で一緒に合わせるっていうことが、あまりなかったから。それは年齢差もあると思うんだ。弟はひとつ下でしょ?」

厚也「ウン。うちの場合はすぐ下だからね」

EMMA「年齢も近いし、始めた時期も一緒だから、テクニック的に上達するのも、ふたりが同じくらいだったでしょ?ウチの場合、オレは3年くらいやっていて、ある程度弾けるのに、まだアイツは叩き始めたばかりで、何もできなかったからね」

―家のなかで音を出していたわけ?

厚也「家のなかでやっていたんだ。普通の住宅街だったから、隣の家なんかはうるさかったと思う。だけど、その頃そんなに世間体とか気にしなかったから。まだ、小学生だったからね(笑)。学校から帰って来ると、家にドラム叩くヤツがいて、自分のギターとアンプがあって。あまり記憶にはないけれど、自然に音を出していた」

EMMA「それからず~~っと一緒?」

厚也「遊び以外では、他のドラムの人とやったことがない。デビューしてからも10年間、ずっと一緒。約20年近く。弟がヘタッピだったら、浮気したのかもしれないけれど、うまかったから、ずっと。小さいときから。中学校の頃、家に帰ったら、叩けないオカズがあるって言って、涙流して泣いていたんだ。それぐらいドラムに入り込んでいたしね。だから、どんどんウマくなっていったし、なんの不満もなくやってきた」

―じゃあ、家のなかにライバルがいるって感じで、自分もどんどん練習してウマくなるでしょ?

厚也「いや、オレはぜんぜんウマくならない。相変わらずワン・パターンで(笑)」

EMMA「弟に引っ張られるっていうことはないからね。オレ達の場合は、もともとオレなんかが作っていたバンドで、ドラムがやめるっていうんで、弟を引っ張っていったっていう形だから、もともと音楽的な感性にズレがあったから。だから橘さんたちとは、ちょっとケースが違う」

厚也「オレ達の場合は、最初から同じものを目指しているからね」

EMMA「でも、やっぱり兄弟だから、息は合いやすい。あまり気を使わなくてもできるし」

厚也「たしかに、気を使わなくてもできる。でも、長年一緒にやっていると、いつも同じように成長しているわけではないし、聴くものが違ってくると、方向が少し違ってきて、ケンカになったりするでしょう。
同じ曲で“この曲はいい”って思ったとして、アレンジのときに“そこのバス・ドラムはひとつ多いよ”ってこっちが思っても、弟は“いや、必要だ”って主張したり。そういうところのぶつかり合いは、気兼ねなくできる。だから、新曲のアレンジのとき以外は、あまりモメ事はない」

EMMA「曲を作るときなんかだと、個人の個性やセンスの部分だから、見方も違うしぶつかり合いはあると思うけれど。一緒にプレイするにあたっては、“合わせよう”って意識しなくていいからね」

―弟だからといって、他のメンバーとはどこか違う目で見たりはしない?

厚也「ウチはもうない。っていうか、メンバー3人は高校生ぐらいから一緒にやっているから。メンバー3人が兄弟っていうか家族っていう感じで、仲がいいっていうわけじゃなく、普通の感じ。だから、兄弟だからといって、特別な見方はしない」

EMMA「ウチも兄弟だからっていうのは、ほとんどない。ひとりのメンバーとして見ている方が、弟っていうよりも強い」

―じゃあ、バンド内にいるときと、バンドじゃないときとでは、接し方も同じ?

EMMA「家にいても、ほとんど同じかな。アイツはEMMAって呼び捨てにするもの。3歳離れているから、昔は気兼ねあったせいか、そういうことはなかったけれど、いまは友達とかバンド仲間って感覚」

厚也「オレ達の場合は、仕事以外では会わないから(笑)プライベートでは、誰が何をやっているのか、まったくわからないからねぇ。弟の家も、東京に来てから1度しか行ったことないし」

EMMA「今は実家だから一緒にいるけれど、オレ達も別々に暮らしたら、そうなるかもしれない」

―それは兄弟だからっていう安心感があるからじゃない?

EMMA「たぶんね」

厚也「あえて意識したことはないから、たぶん安心感だとは思うけれどね。ホントにツアーとレコーディング、取材のときくらいしか会わないからね」

―弟と一緒にバンドをやっているメリットはある?

EMMA「オレは、音を出したときに、やっぱり他人とやっているのとは違うかなって思う。たまにセッションとかやったりするんだけれど、弟と長年一緒にやっているせいもあって、他の人よりも自然に息が合うような。そういう気がするだけかもしれないけれどね(笑)。あと、気を使わなくてすむのがいちばん」

厚也「やっぱり、ミュージシャンとしてのプライドもあるだろうし、オレはふたりのメンバーに同じくらいの気は使う。それは、やっぱり年齢が近いっていうこともあって、人生経験にしても、ライブの数にしても、同じわけでしょう。小さい頃はともかくとして、いまとなっては年上とか年下っていうのは関係なくなってきたからね。だから、本当に対等な関係。だから、弟だからメリットがあるっていうようなことはない」

―弟とこれからもバンドをやっていくうえで、“こういうことがあったら危険だろうな”っていうのはある?

EMMA「やっぱり、ふたりでひとりの女性を好きになったら、ちょっと危ないかもしれないかな(笑)」

厚也「身体を壊さないように気を付つましょうっていうことかな。トリオだから、何かトラブルがあると、代打屋さんを頼むっていうわけにもいかないし、すべて動かなくなっちゃうからねぇ。頭なんて悪くてもいいから。身体だけは健康でいましょうっていうことが大事だな(笑)」

パチ・パチ・ロックンロール(1995年/ソニーマガジンズ)より
テキスト/大野祥之

Separator image Posted in , .