チープ・トリックが語るイエロー・モンキー

LINEで送る

チープトリック‗myiemon_イエローモンキー

ロッキンf(1995年/立東社)に掲載された、ロビンとの対談におけるチープ・トリックのギタリスト・リック・ニールセンさんのコメントをご紹介します(以下に抜粋)。
チープ・トリックの「『At Budokan』を聴いてから、武道館でプレイするのが夢だった」(同ロッキンfより)というロビンがイエロー・モンキーで初の日本武道館公演を行った年に行われた対談で、武道館やチープ・トリックのサウンド、ギターのほか、体型や釣りなどバリエーションに富んだ話題の中、イエロー・モンキーの話も挙がっていました。

「アメリカで日本のバンドを聞くことなんてまずないけど、Y.M.O、イエロー・モンキー、それからエックスは知っている」

リック・ニールセン:(先ほどLOVINからもらった「THE NIGHT SNAILS AND PLASTIC BOOGIE」を手にして)このCDはいつ出したヤツ?

LOVIN:それは3年前。この頃はグラム・ロックだね。

リック:オレ、キミのバンドの名前、聞いたことあるよ。アメリカで日本のバンドを聞くことなんてまずないけど、Y.M.O、イエロー・モンキー、それからエックスは知っている。でも、ぜったいこのアルバムは見たことがあるよ。94年に日本に来た時に誰かがくれたんだ。

LOVIN:こっちが最新アルバムの「smile」で、いちばんチープ・トリックのサウンドに近いかな。

リック:へ~、でもキミは賢いよ。(裏ジャケットを見て)ちゃんと写っているもんな。(オビに隠れているHEESEYを指して)こいつはかわいそうだ(笑)

LOVIN:彼は、ジーン・シモンズだよ(笑)

リック:メイクアップしてても、見えないんじゃしょうがないな(笑)でも、アルバムは4枚もあるんだね。チープ・トリックの曲はやらないの?チープ・トリックのジャパニーズ・ヴァージョンっていうのも聴いてみたいな。

LOVIN:もしトリビュート・アルバムみたいな企画があったら、ぜったい参加したいね。

リック:一緒にツアーも連れてくぜ。そしたら女とドラッグはやり放題さ、ヘッヘッヘッヘッ。(テレコを止める動作をするLOVINに対し)やめろ、テープはそのまま回しとけ(笑)

 

ロッキンf(1995年/立東社)より抜粋

取材:金澤隆志/写真:磯田守人

※このインタビューは「ロッキン・トーク・カフェ スーパー・ロック対談セレクション」 に再収録されています。