DAIGOさんが語るイエロー・モンキー

LINEで送る

DAIGO_SONGS‗myiemon_イエローモンキー

「SONGS」(2016年/NHK)で放送された、DAIGOさんのコメントをご紹介します(以下に抜粋)。DAIGOさんはCDデビューした時のバンドのプロデューサーがイエロー・モンキーのサポートキーボーディスト・三国義貴さんだったり、デヴィッド・ボウイの「ジギ―・スターダスト」からとって「宇宙からきたロック王子」をコンセプトに「DAIGO☆STARDUST」としてソロ活動したりと、イエロー・モンキーとの縁を感じる存在ですが、ご本人もファンを公言しています。「DAIGO☆STARDUST」名義の音源「SUPER JOY」「SCAPEGOAT」には、ヒーセとアニーが参加するなどメンバーとも交流があり、BSのご自身の番組でヒーセのバンドTYOの取材をされていたり、ブロにロビンとの写真をアップされたりしています。2016年のイエロー・モンキー再集結発表の際にも、ツイッターで喜びをつぶやかれていました。

「JTMK」(15年経ってもマジカッコいい)
「NNNB」(日本になくてはならないバンド)

DAIGO:先日、さいたまスーパーアリーナ、観さしていただいて…まさかこんな日が来るとはって感じなんすけど…うちの奥さん(北川景子さん)と最近すげえ聴いてるんですよ。改めて。

ロビン:おっ!

ヒーセ:あらっ!

ロビン:なんかドキドキしてきちゃった。

DAIGO:「こないだのさいたま(ライブ)も本当に行きたかった」って。本当に落ち込んじゃって。

ロビン:ふふふふ…

DAIGO:「ずるいずるい」みたいな。

ロビン:すいません、なんかまた集まっちゃって。

DAIGO:いやいやいやいや、もう!本当にもう、一ファンとしてめちゃくちゃもう、嬉しい限りなんですけども。

ロビン:いちばん好き?

3人:ふふふふふ。

DAIGO:………。一番、もう、はい、そうっすね。

ロビン:いちばん好きなんだよね?

DAIGO:いやもう本当にあの、そうっすね。

ロビン:0.2秒くらい空いたよ、今(笑)

DAIGO:いやいやもう大好きですけど。

DAIGO:最初にテーマにしたいのですはね、「JTMK」ということで。

ヒーセ:Jは何だ?

ロビン・エマ:さっそくだ。

DAIGO:「15年、経っても」

ヒーセ:JT!

DAIGO:「マジ、カッコいい」

ヒーセ:マジ、カッコいい。JTMK!おーいぇー!

DAIGO:これはもう本当に、皆さんにお伝えしたいことなんですけど。日本全国の人に。

ロビン:はあ!なんでしょう。

DAIGO:ザ・イエロー・モンキーってやっぱ、「NNNB」だって思って。

ヒーセ:お?お?

DAIGO:「日本に、なくては、」

4人:お、お、

DAIGO:「ならない、バンド」

ロビン:(笑)なんかアメフトみたい。

DAIGO:基本的にやっぱ、4人のアンサンブルで成り立ってるじゃないですか。全楽曲が。で、すごく、みんなの音が全部よく聞こえて、その魅力的な人たちが出してる音で一つになってるバンドが、THE YELLOW MONKEY。

ロビン:ありがとうございます!

アニーこれがまた、一人ひとりがそんなに、大した人間でもない…

ロビン:(アニーに被せて)あいつは性格悪いんだよ!ま、大した人間じゃないんだよ。

エマ・ヒーセ:(頷きながら)(笑)

アニー:4人集まった時のそのケミストリーっていうか、そういうものは本当に計り知れないものがあるというのは、今回痛切に感じましたよ。うん。

ロビン:まあだから、今思うのは、やっぱりこのメンバーって言うのは、僕、あの兄弟がいないので、例えばここに2人ね、実の兄弟がいたり、ヒーセは僕の叔父だったりね。

ヒーセ:ひひっ。って言うんですよ?

ロビン:まあ、叔父というか、兄貴というか、すごく兄弟のようにちょっと慕ってたところがあったし。自分のファミリーだと思ってたわけ。僕は、父親もいなかったし、兄弟もいなかったので、このバンドがまあ、家族というか。

DAIGO:バンドって、音も大事なんすけど、それ以前にやっぱり人なんだなって。

ロビン:さすが!

ヒーセ:いいこと言うなあ!

(未公開映像)

DAIGO:(再集結後のライブで)「JAM」をやられたじゃないですか。めっちゃ泣いたんですけど。「DAIGO、大号泣だったんですよ」

ロビン:(笑)「JAM」はデヴィッド・ボウイさんをすごく意識した曲だったんですよ。で、当時まあ、レコード会社さんからは、ポップでアッパーなナンバーを要求されてたんだけど、「いや、イエロー・モンキーはこういうロックアンセムが必要だ」って言ってね、(3人に向かって)ね。めっちゃワガママ言って出させてもらって、それがね、今ああいうライブのね、大事なところに来るナンバーになってるのは、本当にもう、感無量だよね。まあ、デヴィッド・ボウイも今年ね、亡くなっちゃったんでね。引き継げるところは引き継がせていただきます。

「SONGS」(2016年/NHK)より

<記事内で登場した作品>

SUPER JOY

SCAPEGOAT