堂珍嘉邦さん(CHEMISTRY)が語るイエロー・モンキー

LINEで送る

ミュージックステーション(2019年/テレビ朝日)で語られた、CHEMISTRY・堂珍嘉邦さんのコメントをご紹介します(以下)。
イエロー・モンキーが活動を休止した2001年にCHEMISTRYとしてデビューされた堂珍さんは、ロビンのソロライブに花を贈られたり、雑誌にコメントを寄せたりされてロビンとは飲みに行くほど交流があることで知られています。このミュージックステーションには、新曲「I don’t know」でイエローモンキーも出演。イエロー・モンキーがステージに移動している間、タモリさんと堂珍さんの会話の中でエピソードが語られました。

タモリ:堂珍はイエロー・モンキー好きなんだよねぇ?

 

堂珍:あ、もう、大好きですね。はい。あの、一回吉井さんと、お食事と、そのあと、吉井さんがイヤだっておっしゃってたんですけど、無理やりカラオケに一緒に行っていただきまして。

 

タモリ:あ、そう!

 

堂珍:はい。で、吉井さんの前で、イエモンメドレーを僕があの、しつこいぐらいに歌ってて。「SO YOUNG」を、名曲「SO YOUNG」を一緒に一曲だけ歌っていただいたのが、僕の一生の思い出っていう…はい。

 

タモリ:へぇ~。いいねぇ(笑)

 

堂珍:はい。かっちょいいっす!

ミュージックステーション(2019年/テレビ朝日)

Separator image Posted in and tagged with .