秦基博さんが語るイエロー・モンキー

LINEで送る

THE YELLOW MONKEY 20TH特設サイト(2009年)に掲載された、秦基博さんのコメントをご紹介します。秦さんは2009年のイエロー・モンキートリビュートアルバムに「SPARK」のカバーで参加され、その後ロビンが「笑っていいとも!」に出演した時に花を贈られたり、ラジオで共演されたりしています。このコメントは、トリビュートアルバムに参加された時に寄せられたものです。

※このコメントは「イエローモンキー20周年記念特設サイト」に掲載中ですが、FLASH PLAYERがないと見られない仕様になっているため、書き起こしました

思春期の頃にイエローモンキーの楽曲をたくさん聞いていました。
当時の自分にとってそれまで出会ったことのない妖艶さに衝撃を受けたことを覚えています。
実は高校時代、軽音楽部に所属していた時にイエローモンキーの楽曲をコピーしたこともあります。
今回、トリビュートのお話をいただいて選曲するにあたり、僕が普段表現しているものとはなるべくちがう世界観の作品を選びたいと思い「SPARK」にしました。
レコーディングの際は秦 基博流「SPARK」ということで、ドラムとベース以外はとにかくアコースティックギターの音を重ねて表現しました。アコギだけどロックな「SPARK」を楽しんでいただければと思います。 

「THE YELLOW MONKEY 20TH」特設サイトより

<記事内で登場した作品>

THIS IS FOR YOU~THE YELLOW MONKEY TRIBUTE ALBUM

Separator image Posted in and tagged with .