井上貴子さん(現rockin’on副編集長)が語るイエロー・モンキー

LINEで送る

井上貴子‗myiemon_イエローモンキー

ROCKIN’ ON JAPAN (2010年/ロッキング・オン)に掲載された、現rockin’on副編集長・井上貴子さんの「BUNCHED BIRTH」アルバムレビューをご紹介します(以下に抜粋)
井上さんはインディーズ時代からイエロー・モンキーに注目し、92年のメジャーデビューで同誌にインタビュー記事を掲載。3rdアルバム「jaguar hard pain」発売時のブレイク前の時点で、他誌に先駆けてイエロー・モンキーを同誌の表紙に迎え、ロビンの人気コラム「吉井和哉のマル秘おセンチ日記」の担当もされていました。
井上さんは同誌に数多くのイエロー・モンキーへのインタビュー、レビュー記事を寄せていますが、解散中に実施された同誌における結成20周年の特集内で改めて「BUNCHED BIRTH」についてレビューされていましたので、「BUNCHED BIRTH」発売日である7月21日に合わせ、ピックアップしてご紹介します。

「つまり彼らは、誕生の瞬間から、あまりにもロックの本能そのものだったのだ」

アンセムともいうべき“WELCOME TO MY DOGHOUSE”は、楽曲もアレンジもスリリングな演奏も、今なお破格にカッコいい。そして<黒い見世物小屋へようこそ>とリスナーを招きながら、<ここから早く出たいよ!>と自ら叫ぶパラドックスな衝動。誰も観たことのないエンタテインメントでみんなを興奮させたい、と同時にその見世物小屋を飛び出し新しい世界を見たい、創造したい。そんな原動力が彼らをスタジアム・バンドへと導き、皮肉にも解散へと導いた。つまり彼らは、誕生の瞬間から、あまりにもロックの本能そのものだったのだ。

ROCKIN’ ON JAPAN (2010年/ロッキング・オン)より抜粋

<記事内で登場した作品>

吉井和哉のマル秘おセンチ日記