石橋貴明さんとイエロー・モンキー

LINEで送る

%e7%9f%b3%e6%a9%8b%e8%b2%b4%e6%98%8e_%e3%81%86%e3%81%9f%e3%81%b0%e3%82%931998_myiemon_%e3%82%a4%e3%82%a8%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%a2%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%bc

うたばん(1998年/TBS)で放送された、石橋貴明さんとのコミュニケーションをご紹介します。「うたばん」はとんねるず・石橋貴明さん、SMAP・中居正広さんMCの、トークが中心の歌番組で、イエロー・モンキーは「BURN」以降、頻繁に登場していました。この放送回では「イエロー・モンキーの音楽のルーツ」をテーマに、メンバー一人ひとり「音楽との出会いの曲」を紹介。同年代の石橋さんが「時代ネタ」を挟んで、大盛り上がりしていました。

 

石橋貴明:(ボードが出てきてテーマを読み上げる)イエモン「音楽との出会い」!ここでかなり渋めの、いわゆる洋楽系?

中居正広:そうでしょうね、スティーヴィー・ワンダーとか!

ロビン:ははははっ!(笑)

ヒーセ:ははっ!(爆笑)

中居:まず廣瀬さんからまいりましょう!てれれれっ!(ボードの紙を効果音つけてめくると黛ジュンさん「天使の誘惑」の写真が出る)

石橋:黛ジュン!「天使の誘惑」!

(BGMに流れる)

ヒーセ:うわあっ!かかったかかった!

中居:え、何?全然知らない…

石橋:何で、廣瀬さんは…

ヒーセ:これね、何かね、ませてたのかも分かんないんだけど、あのー、小っちゃいころからね、ちょっとこう、大人の色気的なのがね、好きだったんですね。例えば、保育園の時とかも、普通同級生とかを好きになったりするじゃないですか。俺は、先生を好きになっちゃうタイプ。結構こう、大人系だったの!

石橋:これでも、かなり大人だよねえ~!

ヒーセ:何かね、曲聴くとムラムラしちゃうんですよね。子供のくせに!

石橋:だって昭和43年だから、廣瀬さんが5歳くらいでしょ?

中居:お色気系なんですか?

石橋:健康的なお色気系!

ロビン:裏じゃ何してたか分かんないですけどね(笑)

中居:さ、吉井さんいきましょう!そんな吉井さんは…(紙をめくって榊原郁恵さんの写真が出る)

石橋:おおっ!

中居:(レコードジャケット見て)全然分かんないなあ…榊原郁恵さんは、かなりイイ感じでした?

ロビン:女性を意識したタレント、アイドルだったんですよ。僕が。

中居:あ、歌手の人とかいっぱい見て、この人が「ポッ」って感じなんですね。

ロビン:そんでね、中学校の時なんですけど、多感になってくるじゃないですか。

中居:色んな知識が入ってきてね!

ロビン:うん、で、いろんな機能も発達してくるじゃないですか。それでね、僕の同級生の2つ上のお姉さんの同級生で、すごいグラマーな人がいたんですよ。

石橋:郁恵ちゃん、グラマーでしたからね!

ロビン:それでね、好きになっちゃったんですよ。で、僕はまだ小学校だったんで、胸とか触っても怒んないだろうって触ったら、怒んなかったんですよ。で、ずっと触ってたんですよ。

中居:しょーがねーガキって感じしますね(笑)

ロビン:でね、エスカレートするじゃないですか、子供だけどやっぱり。触るだけじゃなくて、人差し指1本が5本になってみたりとか…それとすごいダブっちゃって、郁恵さんが…

石橋:(机に突っ伏して)(笑)

ロビン:思い出して、風呂でケツ揉んでましたもん、自分の!

3人:(爆笑)

石橋:(自分のお尻を揉んで)自分のケツ~?(笑)

ロビン:誰でもあると思うけどな!一番似てるじゃないですか!(声がひっくり返る)

ヒーセ:自分の体の中だったらね。

石橋:ケツ~?俺、それ初めてだったな!(笑)

中居:郁恵ちゃんね…

ロビン:今も綺麗ですよね。

中居:お会いしましたか?

ロビン:いえ、してないです。

中居:お会いしたいですか?やっぱり…

ロビン:そうですね、でも人妻ですからね(笑)

中居:人妻でもね、昔憧れていた人なら会いたくなる…

ロビン:ああ、会ってみたいな、一度。

中居:続いていきましょう、菊地のお兄ちゃん!(紙をめくって、金井克子の写真)

石橋:金井克子!いいね、渋いね!(金井克子「他人の関係」のフリを真似する)

エマ:(笑)

石橋:「会うときにはいつでも他人の2人~」♪「パールライス」!横でこう踊ってんのね。ねえ、こう踊ってますよね?

エマ:(笑顔で頷く)

ロビン:データ持ってんなあ~!

中居:全然知らない…誰だろ?

石橋:(歌と踊りがさらに続き、席に戻って)え、何でお兄ちゃんは金井克子さんなの?

エマ:あの、テレビ出る時の衣装が、結構、露出系だったでしょ?それが、すごい、子供心にドキドキしてた…

ヒーセ:あ、一緒です!

エマ:二の腕とか出してたじゃないですか!それがすごい何か…

石橋:二の腕、いってました?

ロビン:(エマを指して)二の腕好きなんですよ!

アニー:(エマを指して)二の腕フェチなんですよ(笑)

石橋:二の腕はポチャポチャ系の?それとも細い系の?

エマ:細い系の。

石橋:細い系の二の腕…お兄ちゃん、いいです!

エマ:(笑)

石橋:僕は二の腕っていうか、肩なんですけどね。

エマ:(嬉しそうに肩から二の腕を触って)あ、ここら辺のライン?(笑)

石橋:(肩の付近を触って)ここの、この辺の…かーっ!(立って自分のお尻を揉む)

ロビン:はははっ!(笑)やったー!(笑)

中居:………

石橋:誰にも迷惑かけないから!中居くん!

ロビン:帰ったら絶対にやるね!(笑)

石橋:さて、じゃあ、弟さん!

中居:はい、弟さんいきましょう!(紙をめくって、麻丘めぐみの「私の彼は左利き」ジャケット写真)

石橋:(BGMが流れて振り付きで踊る)「小さく投げキッス~♪(フッフッ~)」そうですよね?

アニー:そうそうそう!

石橋:(続けて踊る)「こちらにおいでと~(フッフッ~)」

ヒーセ:(爆笑)

石橋:(さらに踊り続け、フィニッシュ)

アニー:すごいなあ。

石橋:可愛かったですもんね~!

アニー:そう、だから僕も初めて女性を意識したタレントがこの人なんですよ。

石橋:麻丘めぐみちゃんは、髪の毛がこういう…(特徴的なカットのラインを示す)段にしてね!

アニー:そう、でまたこの「彼」って言葉がいいじゃないですか!ここでキュンときて…

石橋:よくねえ、頭の悪い奴なんかがいると「私の彼は左巻き」だなんて言ってねえ…

ヒーセ:ははは!言った、言った!

石橋:いや~、参ったな、もうね「This is 48年から52年」くらいはもう!ハマってますね、僕も。でも俺、この4人ではまってないな~!

ロビン:え、誰ですか?

アニー・エマ・ヒーセ:誰?

中居:なんか、憧れに思ってた人とかいないの?

石橋:いや、やっぱり、機能が発達した頃は、僕は、アグネス・ラム!

ヒーセ:あー!おんなじだ!

石橋:(アグネス・ラムさんの歌真似を始める)

ロビン:(石橋さんと共に踊る)

中居:タカさんね、歌いだすとね、2フレーズ目まで行くからヤなの!

4人:(爆笑)

石橋:編集点ない?ごめんごめん!自分自身ね、居酒屋のおやじみたいだけど、長く歌って「すげえな」って言われたいタイプなのよ!

4人:(大爆笑)

中居:分かった、分かった!

うたばん(1998年/TBS)より

<記事内で登場した作品>

黛ジュン「天使の誘惑」

榊原郁恵 「シングルコレクション」

※ロビンが挙げた「アル・パシーノ+アラン・ドロン<あなた」を収録

金井克子「他人の関係」

麻丘めぐみ「わたしの彼は左きき」