研ナオコさんとイエロー・モンキー

LINEで送る

%e7%a0%94%e3%83%8a%e3%82%aa%e3%82%b3_title_myiemon_%e3%82%a4%e3%82%a8%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%a2%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%bc

笑っていいとも!(1997年/フジテレビ)のテレフォンショッキング・お友達紹介コーナーで放送された、研ナオコさんのコメントをご紹介します。
研さんは「太陽が燃えている」ミュージックビデオのサビ部分で流れるロビンの“目”に魅かれてイエロー・モンキーのファンになったとのことで(運営者の記憶による)、ライブ映像をご覧になったり、ライブに何度も足を運ばれたりされています。1998年の日本武道館公演で徳光和夫さん、東海林のり子さんと3人で、終始ファンと同様にノリノリでご覧になっていました。

「でもなんか、吉井くんぶきっちょだからさ、カラダかたいしね」

タモリ:それじゃ、お友達を紹介してもらいます。

ロビン:はい。えーとですね。

(会場)え~!

ロビン:いろいろ考えたんですけどね、あんまり僕ら、お友達いないんですよ。

タモリ:あ、いない?

ロビン:孤高のロックスターですから(笑)

ヒーセ:ふふ

ロビン:じゃあ、サブラベルズの(高橋)喜一!

ヒーセ:知らないよ!

ロビン:すみません!

ヒーセ:全然知らないよ!

ロビン:ええーと!研ナオコさん!

タモリ:ああ(笑)

(会場)おぉ~!

タモリ:誰?今の…

ロビン:いやいやいや、ヘビメタの人なんです(笑)

タモリ:あ、ヘビメタの人なの(笑)

ロビン:師匠なんですけどね。(研さんは)あのー、よくコンサート来てくれて。

タモリ:そうなの。

ヒーセ:そう。

(研ナオコさんの写真が出る)

ロビン:可愛いっすね。研さん、ほんと可愛いというか素敵な方ですよ。本当、イイ女です。

タモリ:可愛いんだよね。

ヒーセ:(アナウンサーの佐藤里佳さんを見て)料理作るときと雰囲気違いますね。佐藤さん。

タモリ:ああ、里佳ちゃん?ねえ?

ロビン:あぁ、ほんとだ!「夕食バンザイ」だ!

(電話の受話器を渡されて)

ロビン:もしもし?

研ナオコ:もしもしー?

ロビン:あ、吉井ですー!

研:こんにちはー!

ロビン:どうも、ご無沙汰してますー!

研:ご無沙汰してます、免許取れたんだって?

ロビン:はい、ありがとうございます。

研:おめでとうございます。

ロビン:今度、横に乗りませんか?

研:オッケーオッケー、乗らせてもらいますよー。でもなんか、吉井くんぶきっちょだからさ、カラダかたいしね。

ロビン:何でしってるんですか?(苦笑)

研:え?ちゃんとビデオチェックさせてもらいましたよ。

ロビン:あ、すいません(笑)あの、ぜひまたあの、お食事でも…

研:うん。ぜひ。ほんとにあの、みんなでパーッと行きましょうか、ストレス発散で。

ロビン:楽しみにしています。

研:タモちゃん!

ロビン:かわりますね。

タモリ:石井さん!

ロビン:誰ですか(笑)

研:違う!(笑)(研の字を)くっつけてくっつけて!

タモリ:くっつけて…あぁ!研さん!

ヒーセ:そういう意味か!(笑)

(会場爆笑)

研:タモちゃんね、あの吉井くんのことね、デブだとかさ、見苦しいだとかさ、そういうこと言うのやめてくれる?!

タモリ:いや、言ってないでしょ!

研:いや、言ってる言ってる!

タモリ:言ってないでしょ!

研:ダメダメ、そんなこと言っちゃ。カッコいいんだから。

タモリ:言ってないって!

研:聞いてたって!

タモリ:あなたが今言ってたんでしょ!(笑)

研:違う、吉井くんはカラダがかたい、それだけ!

タモリ:あ、かたい?

研:ドラムもちゃんと叩けないの!

タモリ:あ、かたくて?

ロビン:詳しいね…

ヒーセ:ビデオチェックしてますね(笑)

ロビン:アクロバットプレイが苦手…すみません!

研:ははは

ロビン:ヒーセ:(うつむいて笑い合う)

タモリ:来週の月曜日、大丈夫ですか?

研:どうしようかな?

タモリ:ギャラ現金で払いましょうか?

研:じゃあ行くかな。

タモリ:あぁそうですか(笑)

(会場爆笑)

タモリ:じゃあ、来週来てくれるかな?

研:いいとも!

タモリ:お待ちしています。THE YELLOW MONKEYでした!

笑っていいとも!(1997年/フジテレビ)