松田晋二さん(THE BACK HORN)が語るイエロー・モンキー

LINEで送る

 

%e6%9d%be%e7%94%b0%e6%99%8b%e4%ba%8c_2009_myiemon_%e3%82%a4%e3%82%a8%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%a2%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%bcTHE YELLOW MONKEY結成20周年記念アーカイヴス(2009年/スペースシャワーTV)で放送された、THE BACK HORN・ドラムの松田晋二さんのコメントをご紹介します(以下)。
THE BACK HORNはのメンバー3人は、過去にそれぞれイエロー・モンキーをコピーしていてファンを公言、2009年のトリビュートアルバムでは「球根」のカバーで参加しました。
特に松田さんはロビンと親しく、「先輩と可愛がっている後輩」(ラジオ等のロビンの発言より)として交流。また、ロビンが作詞・作曲を手がけた楽曲を収録したKinki kidsのニューアルバム「N album」に、松田さんも参加されています。

 

「『生と死』観ってものが、すごい匂ってくるんですよね。うん。隠れて匂ってくるってのが、一番、グッとくる感じというか」

生きながら「生きていく」ってことを証明し続けたバンドなのかなと思うんですね。なんか、やっぱりこう、バンドって組んでる自体で奇跡なもんだと思っていて。まあ、自分もそうやってるから思ってるのかもしれないんですけど。いつ壊れてもおかしくない状態に、常にいると思うんですよ。誰か一人がいなくなったら、もうその瞬間生まれないし。常に「生きる」っていうことを、自分たちの活動の全部を含めて、伝えていっているようなバンド…かなーと、思いましたね。
「俺たちはこうあるべきなんだ」っていう、そのもがいてる感じとか。

「生と死」観ってものが、すごい匂ってくるんですよね。うん。隠れて匂ってくるってのが、一番、グッとくる感じというか。「性」のこととか、「せい」ってあの、性欲とかの「性」のこととか、そういう一見、歌なのかなーと思いきや、実はそっから、その管からすごい、「生と死」というテーマだったりとか、「生命の神秘」観みたいなとこに、こう繋がっていく管があって、それがすごい…すごいなあと思って、聴いてましたね。

THE YELLOW MONKEY結成20周年記念アーカイヴス(2009年/スペースシャワーTV)より

<記事内で登場した作品>

THIS IS FOR YOU~THE YELLOW MONKEY TRIBUTE ALBUM

kinki kids N album」

※ロビン作詞・作曲の「薔薇と太陽」「ホタル」、松田さん作詞の「雨音のボレロ」収録

Separator image Posted in , and tagged with .