美輪明宏さんが語るイエロー・モンキー

LINEで送る

美輪明宏‗僕らの音楽‗myiemon_イエローモンキー

僕らの音楽(2006年/フジテレビ)で放送された、美輪明宏さんのコメントをご紹介します。美輪さんは1995年の雑誌での初対談以来、イエロー・モンキーの東京ドームライブに足を運ばれたり花を贈られたりと、ロビンと交流を深められています。2016年のイエロー・モンキー再集結時にも花を贈られ、2017年にはニューベストアルバムのアートワークに登場するキャラクター・「TYM」の声を担当、コラボレーションが実現しました。

「私みたいな恰好してたじゃない?あぁ、なるほどやるなぁって思ったのよね」

美輪明宏:イエロー・モンキーが物凄いブレイクしてて、その時のエネルギーは凄かったわよ。

吉井和哉:僕がですか?あぁ~…今ダメなんですか?

美輪:今はね、イケイケドンドンじゃなくなったもの。あの時はもう、イケイケドンドンでね、ビジュアル系の、私みたいな格好してたじゃない?あぁ、なるほどやるなぁって思ったのよね。ほんで、ソロでやってどうだったの?バンドでやってる頃と…

吉井:やっと、今になって楽しくなってきました。

美輪:で、最初どうでした?

吉井:いや、淋しかったですね。

美輪;ふふふふ。パワーはどう?

吉井:パワーは…まあ、バンドの全盛期の頃とはちょっと違いますね。

美輪:最近あなた、フツーの格好してやってるけれども…

吉井:怒られたんですよね、美輪さんのコンサート拝見しに行って…結構、軍モノの服とか着てて、「それ汚い!汚らしい格好して!」って(笑)

美輪:(笑)それはいいんだけど、ステージングね。ビジュアルってのは、大道具、小道具、全部兼ねたモノなのよ。それがなくなって、そこらへんの渋谷とか歩いている人たちと同じ格好して舞台に出たって、商品価値ないのよ。

吉井:はい。

僕らの音楽(2006年/フジテレビ)より

<記事内で登場した作品>

THE YELLOW MONKEY IS HERE. NEW BEST