阪井一生さん(フランプール)が語るイエロー・モンキー

LINEで送る

%e9%98%aa%e4%ba%95%e4%b8%80%e7%94%9f_%e9%9f%b3%e6%a5%bd%e3%81%a8%e4%ba%ba%e2%80%97myiemon_%e3%82%a4%e3%82%a8%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%a2%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%bc

音楽と人(2016年/シンコーミュージック)に掲載された、フランプールのギタリスト・阪井一生さんのコメントをご紹介します(以下に抜粋)。
阪井さんは、イエロー・モンキー活動時、再集結時にファンクラブに入会するほど「俺が一番」のファンであることを公言。複数のメディアでイエロー・モンキーについて語られています。この記事では、イエロー・モンキーと出逢ったきっかけや受けた影響について語られていました。

「イエロー・モンキーはイエロー・モンキーでしかない。イエモンサウンドにあの4人は絶対必要なんです!」

イエモンを知ったのは中一の頃、シングルの「球根」が出るぐらいです。友達の兄ちゃんがめちゃくちゃ好きで、その影響ですね。定番のシングル曲というより、たとえば『smile』に入ってる「マリーに口づけ」とか、アルバム曲とかから好きになりました。出るテレビはすべて録画してたし、新曲出たらラジオを録音するか、カラオケでそのガイドメロを聴いて「あ、こういうメロディーなんだ!」と覚える、みたいな(笑)すごく中毒性がある音楽だなと思いましたね。

それから自分もギターを弾くようになって、中二の時に文化祭みたいなので、みんなでイエモンをやりました。そん時やったのは「TVのシンガー」と「LOVE LOVE SHOW」。実は一昨年のflumpoolのファンクラブツアーの時にも「LOVE LOVE SHOW」を唄ったんですよ。本当にハマったんですよね。

音楽的な影響ですか?僕、マイナー調の曲ってそんなに作らないですけど、作ると、すごく歌謡曲っぽくなるんですよ。やっぱりイエモンの影響がデカいのかなと思います。今は「球根」が一番好きですね。当時は<何この曲?>、ビデオも<何でこんな長い髪型なの?>と思ってたけど、サビに行く爆発力とか……その前のスネアのとトーン!という音とか、ライヴで聴いたらたまらんよな!なんて想像して聴くようになりました。新曲(「ALRIGHT」)も、完全にイエモンですよね。ああいうバンド、絶対いないですよ、イエロー・モンキーはイエロー・モンキーでしかない。イエモンサウンドにあの4人は絶対必要なんです!

音楽と人(2016年/シンコーミュージック)より

文/青木優