櫻井翔さんが語るイエロー・モンキー

LINEで送る

紅白歌合戦(2016年/NHK)で放送された、嵐・櫻井翔さんのコメントをご紹介します(以下)。櫻井さんは2016年の夏、イエロー・モンキー再集結後初のTV出演となった音楽番組・THE MUSIC DAYをはじめ、複数のメディアで「イエロー・モンキーが好き」と公言、紅白歌合戦ではイエロー・モンキーの演奏前に登場し、曲紹介とコメントをされていました。

「クールなんですけど、艶っぽくて、セクシーな音楽に惹きつけられてしまいますよね」

相葉雅紀:翔君、イエモンの魅力ってなんですか?

櫻井翔:クールなんですけど、艶っぽくて、セクシーな音楽に惹きつけられてしまいますよね。

相葉:(イエロー・モンキーの)皆さんには名曲「JAM」を披露していただきますが、この曲はメッセージソングなんですね?

櫻井:吉井さんにお話をお伺いしました。この曲、1995年に作られたんですけど、当時、吉井さんご自身が感じた世の中の不条理というのをこの曲にぶつけるようにして作ったということなんですね。95年ていうと、阪神淡路大震災、そして地下鉄サリン事件が起きまして、世の中が大きな不安に包まれていた時代だったわけです。吉井さんの愛するご家族、仲間のために、未来につながる希望の歌を作りたいということでした。それから20年経ちまして、同じように不安を抱える今だからこそ、歌だからこそ届けられる希望のメッセージがあるんじゃないかという風に思っております。皆さんのパフォーマンス、とても楽しみです。

相葉:じゃあ、曲紹介お願いします!

櫻井:イエロー・モンキーの皆さんで、「JAM」!

紅白歌合戦(2016年/NHK)より