志村正彦さんが語るイエロー・モンキー

LINEで送る

志村‗myiemon_イエローモンキー

WHAT’S IN (ワッツ イン) ? (2009年/ソニー・マガジンズ)に掲載された、フジファブリック・志村正彦さんのコメントをご紹介します。実はイエロー・モンキーをコピーしていたという志村さんは、フジファブリックとしてイエロー・モンキーのトリビュートアルバム・「THIS IS FOR YOUに参加、「FOUR SEASONS」をカバーされました。この対談、トリビュートアルバムと同年の2009年年末に志村さんが急逝されたことを受け、翌年のイベント・JAPAN JAM 2010でエマ、フジファブリックとともに「FOUR SEASONS」を演奏した際、ロビンは志村さんの名を挙げていました。ロビンは同年のフジファブリックpresents フジフジ富士Qにも参加し、コメントを寄せています。

「うわ、これがホンモノかって(笑)。そのままですね。イメージそのまま。」
―おふたりは、イベントの打ち上げが初対面だったそうですが、そのときの印象を聞かせてください。

志村正彦:僕はもう、THE YELLOW MONKEYのコピー・バンドもやっていたんで。

吉井和哉:そんなの聞いたことないぞ(笑)

志村:言わなかったんです。

吉井:なんで言わなかったのよ?

志村:やっぱり、照れるじゃないですか。

吉井:ここで言うほうが照れるだろ(笑)オフィシャルなんだから。

―(笑)で、実際会った印象は?

志村:うわ、これがホンモノかって(笑)。そのままですね。イメージそのまま。

―吉井さんはどんな印象を?

吉井:僕はその前に雑誌で見てたんですけど、久々に顔のいい、女の子を狂わせそうなボーカリストが出てきたな、いいぞいいぞって(笑)

WHAT’S IN (ワッツ イン) ?(2009年/ソニー・マガジンズ)より抜粋
インタビューと文:鈴木宏和/撮影:関信行

<記事内で登場した作品>

WHAT’S IN (ワッツ イン) ?

※フジファブリックによる「FOUR SEASONS」収録