Takaさん(ONE OK ROCK)が語るイエロー・モンキー

LINEで送る

taka0%e2%80%97myiemon_title1_%e3%82%a4%e3%82%a8%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%a2%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%bc

bridge(ブリッジ) (2012年/ロッキング・オン)に掲載された、ロビンとの対談におけるONE OK ROCK・Takaさんのコメントです(以下に抜粋)。
対談形式では初インタビューだったTakaさんは、初めての対談相手としてロビンの名を聞き、「ぜひ」と快諾されたとのこと。「ゴージャス」「負けず嫌い」「日本」といったイエロー・モンキーとONE OK ROCKに共通といえるキーワードで、バンドの在り方や曲作りなどについて対談されています。

「僕にはすごくゴージャスなバンドに見えてて」

ー実はTakaくんはこういう対談を受けること自体、初めてという。

吉井和哉:あ、初めて?

Taka:初めてです。

吉井:ああ、光栄です。ありがとうございます。

Taka:いえ、とんでもないです。

ーまず、どういう部分で興味を持って吉井さんと対談したいと思ったのか、というところから聞きたいんですけど。

Taka:いや、あの、僕の世代で、もともとやられてたバンドのーー

吉井:今、おいくつですか?

Taka:23です。ちょっと僕より上の人たちがたぶん、世代なんですよね。

吉井:そうですね。

Taka:僕の勝手なイメージで申し訳ないんですけど、僕、バンドをやる上で、もっとすごくゴージャスになっていきたいなっていう思いがありまして。

吉井:はい。

Taka:前やられていたバンドの雰囲気というのが、僕にはすごくゴージャスなバンドに見えてて。

吉井:服がね?(笑)

Taka:いや!

ーははははは。

Taka:全体的になんですけど。

吉井:髪型とかね?(笑)

Taka:いやいやいやいやいや!

吉井:叶姉妹的なゴージャスだ!

Taka(笑)いや、全然違います。

ーゴージャスなロックといえば吉井和哉ですよねえ。

Taka:はい。

吉井:いやいやいや。

Taka:僕はバンドをやり始めた時から、ライブハウスツアーとかも回りたかったんだけど、最終的にはドームだったりアリーナでもできるようなアーティストになりたいなと思って、日々頑張ってたので。お話をできるって聞いた時に、「ぜひお願いします!」みたいな感じで。

吉井:ああ、ありがとうございます。そう言っていただいたので言う訳じゃないんですけど、おこがましいんですけど、バラード――すいません、曲のタイトルちゃんとわかってないんですけど。

Taka:全然いいですもう!

吉井:砂漠みたいなところでやってる――

Taka:“C.h.a.o.s.m.y.t.h.”です。

吉井:あのプロモーション・ヴィデオを観させていただいた時に、イエロー・モンキーのすっごいいい時期を思い出したの。

Taka:まじすか?!

吉井:うん。このバンドは風も光もすべてを今、味方につけているなっていうのを感じて。懐かしいような、せつないような感じがしたんだよ。その時期特有のオーラですよね、行けそうなバンドの。

ーうんうん。

吉井:それをすごい思いましたねえ。

Taka:はい。もう………ちょっと言葉にならないです(笑)。

Taka:ありがとうございます。以前CSの番組で、イエモンさんの――。

吉井:(笑)イエモンさん。はい、イエモンさんの?

Taka:解散したあとの、何周年かで、スペシャル番組を確かやってたんですよ。僕、それを全部観させていただいたんですけど。インタヴューの中で、吉井さんが、「バンドって最終的に全部剥がれ落ちてって、一番大事なのはエンジンがいいか悪いかになってくる」みたいな話をされてた時に、すっごい僕、その言葉が印象に残りまくってて。僕らもいろいろバンドの中で入れ替わりが結構あったりして、だいじょうぶかなと思った時期もあったんですけど、芯になるものって、形とか音楽性は変わってもずっとぶれてなくて。

吉井:うん。

Taka:それを持ち続けて今がある、みたいなところもやっぱりあってですね。その言葉を日々感じながら、インタヴューでもちょっと使わしてもらって(笑)

吉井:ははははは!

ー(笑)そうだったんだ!

吉井:(笑)そこ言わなくてもよかったのに。やっぱりあの、品格みたいなのがもう、レベルが違うじゃないですか、他の方と。謙虚さだったり、自信だったり、いろんな苦労をされてここまで来てるんでしょうから、それが一瞬で音で伝わってくるじゃないですか。それはやっぱり、リスナーの方にもそうやって伝わるでしょうしね。だから売れてほしいんだよね!

Taka:はははは。

吉井:「おめえこうじゃなきゃ売れねえんだぞ?!」っていう。


bridge(ブリッジ) (2012年/ロッキング・オン)より抜粋
インタビュー:井上貴子/撮影者:吉場正和

<記事内で登場した作品>

C.h.a.o.s.m.y.t.h.

Separator image Posted in , .