山田五郎さんが語るイエロー・モンキー

LINEで送る

東京暇人(2017年/日本テレビ)で放送された、山田五郎さんのコメントをご紹介します。2017年12月の東京ドーム公演にむけての特集で、山田さんが好きなイエロー・モンキーの楽曲やイエロー・モンキーのバンドヒストリーを紹介。特にグラム・ロックとイエロー・モンキーの関係についてとても分かりやすく、興味深いコメントがうかがえました。

山田五郎:2001年以来、約17年ぶりってことらしいよ。綾ちゃんは、イエロー・モンキーは…

平野綾:ちょっと、上の世代なのかな?ドラマの主題歌とかでは覚えてます。

山田:ああ、なるほどね。俺は結構好きだったよ。何がエライってね、グラム・ロックなわけ…グラム・ロックをメジャーにしたっていうのは、エライですよ。

平野:しかも皆さん、さっき五郎さんおっしゃってましたけど、50オーバーなんですね。

五郎:そうですよ、頑張ってますよ!俺はね、何でか分かんないけどイエロー・モンキーって漢字2文字のイメージがあって、「楽園」とか。俺「球根」てのが好きなんだよ。

 

平野:さっき、流れてたやつだ!

五郎:うん、「球根」。で、あれが流行ってる時、久しぶりに俺、球根買ったんだもん。

平野:えー!めっちゃ影響されてるじゃないですか!

五郎:良い曲だったんだよ、良い曲!

(イエロー・モンキーのバンドヒストリーを振り返って)

平野:はい、というわけで、2016年に復活してからのイエロー・モンキーの勢いというのが…、凄いですね。

山田:まあ、充電たっぷりですからね。

平野:やっぱり、イエロー・モンキーのメンバーも夢だったっていうNHKの紅白歌合戦で披露されたのが…

山田:「JAM」?あ、「JAM」やったの?紅白で?だってあれ、長いぜ!

平野:そう!でも絶対カットしないで!っていう…

山田:長渕剛状態で…

平野:朝日新聞の誌面に、この曲の歌詞が全面広告で掲載されるっていう…

 

平野:これ!

山田:ああ~!ほうほうほうほう…あれだね、カットされるとイヤだからかね?(笑)

平野:証拠でね、出した…(笑)あと、紅白出演日のイエロー・モンキーのTwitterにも、こんな感じのメッセージを出して…

 

山田:あ、もう、歌詞カード的な…なるほど、コードもつけて欲しかったね。

平野:あはは!譜面で載せちゃうみたいな…

山田:譜面で載せちゃってね…(笑)

平野:カッコいいですね、それもまた!

山田:この番組で以前「デヴィッド・ボウイ大回顧展」を紹介したけど、その時にボウイに影響を受けたバンドとして、当然イエロー・モンキー出ましたけどね。特に吉井さんはかなりボウイだなってのが、アルバムのジャケット見ると、ボウイに影響されてるなってのが分かりますよね。

 

山田:ボウイの横でギターを弾いていたミック・ロンソンがいたモット・ザ・フープルっていうバンドがあったんですけども、そこにデヴィッド・ボウイが曲を贈ってるんですよ。それが「すべての若き野郎ども」って、「ALL The Young Dudes」って曲なんですよね。実際、吉井和哉さん、「すべての若き野郎ども」に参加してるんだよね。ボウイがいて、モットがいて、モット・ザ・フープルの前座やってたのがクイーンなんだよ。こう、ちゃんとグラムの系譜が伝わっていくんですけどね。

平野:ほんとだー!何て分かりやすい歴史の説明で…

山田:その流れの線上にイエロー・モンキーを置くと、こう分かりやすいんですよね。

 

平野:おお、やっぱりレジェンドじゃないですか!めっちゃカッコいいですね!

東京暇人(2017年/日本テレビ)より