吉田敬さん(ブラックマヨネーズ)が語るイエロー・モンキー

LINEで送る

吉田‗ゲストとゲスト‗myiemon_イエローモンキー

 「ゲストとゲスト」(2012年/テレビ朝日)で放送された、ブラックマヨネーズ吉田敬さんのコメントをご紹介します(以下に抜粋)。“芸人一のイエモンファン”と紹介され、「吉井和哉さんが“神様”」という吉田さんにとって、この番組でロビンと対談できることが1つの「成功した瞬間」だとおっしゃっています。この他にも同年の音楽番組では、ダイノジの大谷ノブ彦さんとイエロー・モンキーの魅力について語り合う対談をされていました。2016年1月8日の再結成の発表時には、Twitterでも喜びをつぶやかれています。

俺、イエロー・モンキー分かってるやん」って、「おもいでぃ」って歌ってるんですよ

吉田:吉井さんの耳に入ってるかもしれないんですけど、もう僕大ファンでして、もうほんまに神様なんですよ吉井さんが。吉井さんの音楽がなかったら、僕今頃ネズミ色のスエット着て、おかんに「飯まだかっ」みたいに言ってる。多分、引き籠ってずっと実家から出てこなかったなって。もうほんま大好きで。だからもう、今日はほんまに緊張してるんですけど。

吉井:ありがとうございます。

吉井:(イエロー・モンキーの)何の曲が好きなんですか?

吉田:もうほんとに、おんなじのばっかし聴かせてもらったんですよ。「バラ色の日々」と「BURN」と「SO YOUNG」。

吉井:だいたい時期が似てますね。

吉田:そうですね。この辺がもう僕がめちゃくちゃ自分どうしようもなくて弱ってる時やったんで。

吉田:ウワサで聞いたのは、「JAM」はイエロー・モンキーが売れるために世間に合わせて作った歌やっていう。都市伝説を聴いたんですよ

吉井:何ですかそれ?どういうこと、どういうこと?

吉田:まずヒットチャートでバーンとすごいことしなきゃあかん、そのために「JAM」っていうのを作ったっていう…

吉井:それは多分ね、「太陽が燃えている」じゃないかな?(笑)

吉田:「太陽が燃えている」はもう、合わせに行った…?

吉井:合わせに行きましたね。「JAM」は逆に、結構そういう軽快な曲でチャートに上がってきだしたので「もう一発とどめでやってくれ」って言われたのを、「嫌だ」って言って…

吉田:(膝パーンッ!)魂込めたのを発表したのが「JAM」ですよね、そうですよね?!

吉井:そうですね。

吉田:いや、「こんなこと思いつくんかい世間に合わせて!」って思いながら僕見てて。

吉田:(「BURN」の「思い出は~」の部分)あそこ、俺カラオケボックスで歌う時めちゃ楽しんでるんですよ。「俺、イエロー・モンキー分かってるやん」って、「おもいでぃ」って歌ってるんですよ。

吉井:やったー!そういうの嬉しいな。そういう細かいところにね、人はね、アンテナがね。

吉田:あーうわー…そこの答え合わせできるんか…俺頑張ったなーうわあ、いい時間やったー…。

「ゲストとゲスト」(2012年/テレビ朝日)より